新宿駅前クリニック耳鼻科の概要 | 新宿の耳鼻科を調べよう!新宿駅前クリニックなどの口コミ評判

具合が悪いときには耳鼻科でも診察や処方を受けられますよね。
新宿エリアで評判の耳鼻科はどこになるかというと、新宿駅前クリニックです。
アクセスもしやすいですし、忙しい方でも無理なく利用できると、このエリアで評判の耳鼻科になっています。

新宿駅前クリニック耳鼻科 は待ち時間が少ない

ここはどんな病院でしょうか?
一番大きな特徴は、待ち時間が少ないことです。
病院に行ったとき、どうしても避けられないのが待ち時間ですよね。
来院した順番や予約順に診察が行われるため、自分の番が来るまでにはどうしても待たないといけません。
特に花粉のシーズンなど、耳鼻科はアレルギー症状の治療のために来院する患者も増えるため、待ち時間が長くなりがちです。

これが短いと評判なのが新宿駅前クリニックです。
こちらは患者をできるだけ待たせないことを病院の方針としていますから、テキパキとスムーズに対応してくれるため、待ち時間が少なくなります。
また、医師が複数人在籍しており、それら医師がそれぞれで診察を行っていきますから、患者を診察するペースが速く、待たされることが少ないのです。
花粉のシーズンなど、どうしても耳鼻科が混みあう時期でも比較的待たされない病院となりますから、新宿エリアでも非常に人気です。

こちらで対応できる症状は、内科領域に関するものとなります。
たとえば風邪、インフルエンザ、花粉症、口内炎、扁桃炎、咳、アレルギー性鼻炎などです。
内科でも診察を受けられるような症状なら、この新宿駅前クリニックの耳鼻科で対応してもらえます。

少し気をつけたいのは、こちらでは耳や鼻、喉などの奥を調べる設備がないため、それら部位で起きている異常や病気について、詳細な診察はできません。
たとえば中耳炎や喉の奥にできたポリープ、蓄膿症といった症状の詳細な診察や治療は難しいことがありますから、これらの症状で耳鼻科の診察を受けたい方は少し注意してください。

新宿駅前クリニックの位置は、新宿駅のほぼ目の前です。
駅に面した側にはないのですが、駅の目の前にある大手家電量販店の裏のビルの3階に入っているため、位置さえわかっていれば駅からすぐにアクセスできるでしょう。

アクセス

簡単なアクセスをご紹介しておきましょう。
新宿駅の西口から出ると、目の前に大手家電量販店の店舗があります。
この店舗の裏にあるビルが目的地ですから、その後ろへと回りこんでください。
そのためには、この大手家電量販店と、その隣にある大手保険会社のビルの間の道を抜けます。
しばらく歩くと左に曲がる道が見えますから、そちらへ入ってください。
この左折する道のところにはコーヒーショップがありますから、それが目印になるでしょう。

しばらく歩くと、大手のコンビニが1階に入っているビルが見えてきます。
このビルが新宿駅前クリニックの入ったビルになります。
このビルへの入り口がありますからそこへ入り、エレベーターで3階に上がればOKです。
駅からの距離は徒歩1分ほどですから、新宿駅まで来れればすぐにアクセスできるでしょう。

診察をやっている時間は、平日の10~14時までと、15時30分~19時までとなっています。
受付の終了は、各診察時間の終わりの15分前までになります。

予約は不要ですから、この時間内に新宿駅前クリニックまで直接来院してください。
初診の方も同じく事前の連絡や予約などは不要ですが、このときは受付時間が18時までになります。
夕方に来院したい方は、初診の受付時間だけは少し早くなることに注意してください。

新宿で人気の耳鼻科・皮膚科、新宿駅前クリニックとはこのような病院になります。
最初にご紹介した通り、待ち時間が短い耳鼻科としてこのエリアでは非常に人気です。
夕方の5~7時まで診察をやっているなど、仕事終わりに寄れる病院としても評判ですから、忙しい社会人の方など特におすすめですね。
こちらの病院では新宿で性病検査受けられる病院としても有名です。

喘息:きちんと完治させることが大切

ベイマックスさん 40代 女性
★★★★

昔からよく咳が出るほうでした。
風邪をひくといつも咳だけが残りました。
それも長く残り続けました。
その時も風邪自体は治りつつありましたが咳がひどくなり、特に真夜中の咳が酷くなってきました。
家族が咳で起きてしまわないようにリビングで寝たり咳を我慢したりしていたくらい酷かったです。
さらに咳をするとなかなか止まらなくなり吐きそうになったりもしていました。
あまりに酷く体力を消耗したため限界を感じ近所の病院へ行くことにしました。

喘息の傾向があると言われました。
それもまあまあ酷いかも、とのこと。
一気に悪化することもあり今からでも治療してはどうかとすすめられました。
もしかしたらそうかもと思ったことはありました。
しかし小さい頃も酷かったし風邪が治ればそのままにされていたしこんなもんかなと思っていたので…ショックでした。
少し刺激があると反応してしまうとのことでした。
ひとまず咳止めと炎症止めを飲み様子見となりました。
治るのもやはり少し時間がかかり1ヶ月近く咳き込んでいました。
肋骨あたりに少し痛みがあったのですが、なんと咳による疲労骨折が発症しそうになっているとのこと…咳でそんなことが起こるとは思っていなかったのでショックでした。
最終的に一ヶ月ほどで咳がなくなりそのままになってしまっていますがまた病院へ行かなければと思いつつ、のびのびになっています。

>> もっと見る

【耳湿疹】いろんな病気の危険がはらんでいる

ぷにぷにんさん 40代 女性
★★★★★

いつものように綿棒で耳の中を掃除していました。
少し前に綿棒できつくやってしまい、血が出たことがありました。
ですが、よくあることですので、そのままにして、その日も耳が痒かったので耳掃除をしました。
そうすると、綿棒に耳カスではなく、何か液体のようなものがついているのです。
その時、黒綿棒で掃除をしていたので、白の綿棒に変えてみました。
そうすると、その水のようなものは黄色いのです。そして、少しくさいかもと思いました。
3日ぐらいそのままにしておきましたが、耳の中が痒く、水っぽいものがとれないので。病院へいくことにしました。

症状がおさまらないため、耳鼻科を受診しました。
先生に診ていただくと、外耳湿疹と言われました。
初めて聞く病名でした。
綿棒などで強めに耳の中をこすると、そこから細菌に感染してぐじゅぐじゅになってしまうそうです。
かゆみはステロイドで治るということで、ステロイドの軟膏をいただきました。
そして、耳の中は軟膏をつけるだけで、しばらくは耳掃除禁止でした。
治ってからも耳掃除はあまり強い力でやらないように病院の先生から言われました。
この軟膏をつけて、5日ぐらいですっかりよくなりました。
ひどくなると、頭痛や発熱などもあるということなのでびっくりしました。
子供の耳掃除もしていたのですが、あまり力を入れずにやろうと思いました。

>> もっと見る

【頭痛】専門家にみてもらい安静にすることが大切

ぽえちんさん 50代 女性
★★★

抜歯後の腫れからの痛みが中々引かず頭まで痛くなり近くの病院を受診しました。
風邪と合併したんじゃないかなと家族から言われ横になるが、違う病気だと怖いので、色々な薬を飲めずにいました。
そんな中知り合いから歯科医院で治療したんだったら、それが原因の可能性があるんじゃないかしらとの言葉を聞いて、家族に調べて貰いました。
その可能性がないわけじゃないと思うけど違うんじゃないかな、との言葉が大半でなかなか行動に移せなくておりましたが、仕事も長期休めず受診しました。

施術した歯科医院に相談したが、はなから相手にして貰えず、脳神経外科に家族から電話してもらい、細かな事を一から話してその後受診しました。
先ず、脳の眼の異常などの検査をした後、血液検査を行いました。脳自体には腫れや出血箇所もない事から、診断は抜歯時の多量の麻酔剤投与の影響だとの判断を受けました。

半日ほどそのまま、病院のベッドをお借りして寝てました。
記憶があいまいだとか、発狂するとかが無いから今日はお帰りになって大丈夫との医師の言葉に安心なのか、不安なのかわからないモヤモヤが頭の中を駆け巡りました。
その後、家族に迎えに来てもらい帰宅しました。

相談に乗っていただき安心できました。

>> もっと見る

【咳】喘息になりやすい人は注意

まつむしさん 50代 女性
★★★

風邪かな、と思ったときには、少々のことでしたら、自宅で安静にして、まずは、葛根湯を飲み、様子を見て、それでもよくならないようならば、市販の風邪薬を飲んで、様子を見て、どうにもこうにも、と思ったら、病院に行く、という考えで行動をしています。

今回も、同じように、関節が痛くて、少し熱が出て、鼻水と咳が出て喉が痛い、という症状で、最初は、なんだか、喉が痛いな、と思って、葛根湯を飲みました。
しかし、翌日には、鼻水と咳と熱といった本格的な風邪の症状になってしまいました。
そのため、市販の風邪薬を飲んで、それで安静にしていて、熱も下がり、鼻水もなくなったので、安堵しました。
すぐに咳もよくなるだろう、と思っていたのですが、よくならず、1週間以上も咳だけ残るものですから、別の病気だったら、まずい、と思って、病院に行きました。

病院では、問診で症状を伝え、診察は、喉をみてくれて、胸の音を聞いてくれて、結局のところ、風邪のなごりでしょう、といわれました。
もっとも、胸の音を聴診してくださったのは、形式的な印象でした。
しっかり聴診器を当てるというよりも、形だけといった感じで、こちらがあまり息をしていなくても、おかまいなし、でした。
また、胸のレントゲン写真とかとってくれるのかな、と思っていましたが、そういったことも必要なかったようで、単なる杞憂にすぎなかったようです。

それでも、咳が出るとしんどいでしょうから、といって、3日分、咳止めと、喉の炎症を抑える薬、トローチを出してくださいました。
薬を飲み切っても、まだ症状が続いているようならば、再度来るように、と言われましたが、飲み切った頃にはすっかり咳はよくなっていて、大丈夫でした。

>> もっと見る

【喘息】喘息になりやすい人は注意

幕ノ内さん 20代 女性
★★★

小さい頃から走るとゼーゼーしたり、呼吸が苦しくなることが多く、喘息と診断されました。

大人になるにつれて無くなっていたのですが、環境のせいか風邪を引いてからずっと咳が止まらず、横になると苦しくなって寝れない事が続いたり、気圧の変化で苦しくなる事がありそれから普通の風邪ではないと感じたため、診察を受けようと思いました。
1年ほど吸入器を使っていましたが、吸入器を使っているとより苦しくなる事があったので今はや近所の内科に行ったら吸入だけやって他の呼吸器科の病院を紹介されて、かなり困りました。

症状も、結構ひどかったため、吸入したのにもかかわらずかなりヒューヒューしながら違う病院へ行きました。
呼吸器科の病院は事前に電話しておいたのでそこまで待たずに受診しました。

診察としては、他の病院で吸入したきた事を伝え、症状を確認して、吸入器の使い方を丁寧に教えてくださいました。
喘息の飲み薬と夜に貼るシールと吸入器を処方してもらいました。

夜に貼るシールはかなり効果があり、ヒューヒューする事なくぐっすり眠れました。
喘息の薬も飲んでましたが、症状が良くなってきたら減らすようにしました。
吸入器は苦しくなる時や咳が止まらないときにだけ使用しました。
しっかり診察をしてもらえたため、症状が治り良かったです。

>> もっと見る

【花粉症】薬を処方してもらい楽になった

お月様さん 30代 女性
★★★★

ある日、突然鼻がムズムズしてきました。家の近所にはスギやヒノキ花粉がたくさん飛んでいる地域で、何をしていても鼻水とくしゃみを繰り返していて、とても辛かったです。
とくに、窓を開けた瞬間、洗濯物を取り込んだときなどに酷いくしゃみが出るので、マスクをしました。
マスクをすると症状が治まったので、やはり風邪ではないと自覚しました。

水の様な鼻水が出てくるので、風邪の症状とも少し違うと思い、ついに花粉症にかかったと思い耳鼻科に行く事にしました。

耳鼻科で診察してもらうと、即答でヒノキ花粉症と言われました。

治療は、鼻の中を見てもらい、スプレーで鼻の中に薬を注入されました。
鼻の中に棒みたいなものを突っ込まれるのは正直少し辛く、苦手な方も多い治療だと思います。

その後に、吸入器を使い、鼻の洗浄を行いました。
鼻から呼吸して口から息を吐くだけなのでとても気楽な治療でした。洗浄が終わるともう一度先生に鼻を診察してもらうのですが、最後に又、薬を塗られました。
鼻呼吸もできなかったのに治療が終わると鼻呼吸ができるようになっていました。
薬を処方してもらうと、その夜から全く花粉の症状はでませんでした。ただ、薬のせいで喉が渇いたり眠気が凄かったので、もう少し眠気の少ない薬に変えてもらえたら良かったと思いました。

>> もっと見る

【副鼻腔炎】吸入・吸引で完治

まちさん 30代 女性
★★★★★

風邪をひいて咳や鼻水の症状が続いていたのですが、たいした症状ではなかったので病院にはいかず市販薬を飲んで過ごしていました。
しかし、いつまで経っても鼻づまりの症状が治らず、風呂上りなどに鼻をかむとどろっとした黄緑色の鼻水が出てきたりするようになりました。
口を閉じると苦しいのも困りました。さらには、ふとしたときに自分の鼻から嫌なにおいがする気がして、さすがに臭いのは困ると思い病院を受診することにしました。

内科を受診するか耳鼻科を受診するかで悩みましたが、友人に副鼻腔炎の人がいて症状がよく似ていたので、耳鼻科を受診することにしました。
鼻からファイバースコープを入れて診察を受けましたが、入れるときに少し痛かったものの、入れたあとはほとんど痛みはなかったです。
それから映った映像をいっしょに見せてもらいましたが、鼻の中が赤く腫れた感じになっているのがわかりました。
その後、噴霧器でお薬を吸引して、お薬は抗生物質などを処方していただきました。
先生の説明によると、いわゆる蓄膿症だけどそれほどひどくはないからお薬で治療していきましょう、ということでした。
ひどい場合だと手術することもあるとのことでしたが、私の場合は2ヶ月ほどの通院で症状がよくなったので良かったです。

>> もっと見る